ホーム » お問い合わせフォームのスパムメール対策

お問い合わせフォームのスパムメール対策

 | ,

ご無沙汰しておりました。今日は、ホームページにあるお問い合わせフォームから送られてくるスパムについて書いてみたいと思います。主には海外からのものになります。この種のスパムメールは有料サイトへの誘導やウィルスに感染する危険性をはらんでいます。怪しいメールは開かないし、間違ってもURLをクリックしてはいけません。

しかし、そんなスパムメールが毎日数十件もくるようになると本来業務にも支障をきたすことにもなります。それには、スパムメールそのものが来ないようにするのが一番です。そこで、ロボットスパムメールに効果が期待できるのはGoogleの『reCAPTCHA』です。人間には簡単だがロボットには判断するのが難しい認証方法です。Googleが提供しているのも安心できますね。みなさんも一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか?

 

ブログ お問い合わせフォームのスパムメール対策

 

これは、無料でだれでも利用することができます。Googleアカウントは必要になります。それでは、そのreCAPTCHAをWordPressのContactFoam7で利用する方法を説明していきたい思います。
https://www.google.com/recaptcha/admin#list をクリックしてください。Register a new siteのLabelは自分でわかるように名前をつけます(日本語も可能です)

 

ブログ お問い合わせフォームのスパムメール対策

 

次に、Choose the type of reCAPTCHAを選択します。ContactFoam7で利用する場合は「reCAPTCHA V2」のCheckBoxを選択します。それ以外の場合は「reCAPTCHA V3」で大丈夫ですが、エラーになる場合はプラグインがV3に対応していない可能性があるのでV2を利用しましょう。そして、Domainssは「reCAPTCHA」を利用したいドメインを登録します。※あくまでドメインです。(当サイトの場合はandp.jpです)

 

ブログ お問い合わせフォームのスパムメール対策

 

全て入力と選択が完了したら「Register」をクリックして登録します。すると「Site key(サイトキー)」と「Secret key(シークレットキー)」というのが表示されるので念のためメモしておきましょう。それから、ダッシュボードのお問合せのインテグレーションをクリックして先ほどの「Site key(サイトキー)」と「Secret key(シークレットキー)」を入力して登録してください。

 

ブログ お問い合わせフォームのスパムメール対策

 

これで、「reCAPTCHA」を使える準備ができました。あとはContactFoam7のメニュー内にある「reCAPTCHA」を挿入したい個所へカーソルを移動させてからクリックすれば完了です。

 

ブログ お問い合わせフォームのスパムメール対策

 

実際に「reCAPTCHA」がお問合せフォームに表示されているか確認しましょう。これで、ロボットによるスパムメールは激減するはずです。スパムメールでお困りの方は是非お試しください。

シェア