ホーム » アイデアで一儲け?!

アイデアで一儲け?!

 | 

みなさんは、特許という言葉は聞いたことありますか?これは、工業所有権の一つで、他には実用新案・意匠・商標の合わせて4つを指します。
日本企業は、世界でもトッププラスの特許申請及び保有国なのは周知の事実ですよね。

以下、2017年の国内でのランキングです


特許出願件数ランキング

順位
出願人
件数
前年順位
前年件数
2017年 特許取得件数
1位キヤノン株式会社5646特許件数変わらず 1位76702614 (2位)
2位三菱電機株式会社5300特許件数下降 7位36482870 (1位)
3位パナソニックIPマネジメント株式会社4462特許件数変わらず 3位43922001 (3位)
4位トヨタ自動車株式会社4342特許件数上昇 2位51281889 (4位)
5位株式会社東芝2677特許件数変わらず 5位39181203 (10位)
6位株式会社リコー2613特許件数変わらず 6位37171671 (6位)
7位富士通株式会社2469特許件数下降 9位28661568 (7位)
8位セイコーエプソン株式会社2451特許件数上昇 4位40321388 (8位)
9位日本電気株式会社2222特許件数下降 19位1701900 (19位)
10位株式会社日立製作所2214特許件数下降 15位1835850 (21位)


特許取得件数ランキング

順位
出願人
件数
前年順位
前年件数
2017年 特許取得件数
1位三菱電機株式会社2870特許件数下降 3位42525300 (2位)
2位キヤノン株式会社2614特許件数変わらず 2位43455646 (1位)
3位パナソニックIPマネジメント株式会社2001特許件数上昇 1位45464462 (3位)
4位トヨタ自動車株式会社1889特許件数変わらず 4位34614342 (4位)
5位本田技研工業株式会社1733特許件数下降 9位21861457 (17位)
6位株式会社リコー1671特許件数下降 7位23162613 (6位)
7位富士通株式会社1568特許件数上昇 5位25702469 (7位)
8位セイコーエプソン株式会社1388特許件数上昇 6位24492451 (8位)
9位株式会社デンソー1286特許件数上昇 8位22622166 (11位)
10位株式会社東芝1203特許件数下降 11位17712677 (5位)


では、なぜそんなにもたくさんの申請をするのでしょうか?
ずばり自社のアイデアを守るためのものです。所有権なわけですからね。


ブログ アイデアで一儲け?!


製品設計を進めていく段階で、まず最初に自社のアイデアを申請するだけでなく、他社の所有権を犯していないか調査します。
これには結構なコストと時間がかかります。しかし、逆に他社の申請状況を調査することでどの分野に投資しているのかさえも知ることができるのです。
「製品設計は工業所有権調査から」と言われる所以でもあります。


特許を分析するためのパテントマップと言われるものが、それぞれの会社で独自なものが存在しています。
工業所有権は、申請してから1年6ヶ月後に特許庁の公開公報に掲載されます。※国内の場合


ブログ アイデアで一儲け?!

 

工業所有権は、特許や実用新案などのテクノロジー系だけに留まらず、意匠や商標も同様です。たとえば、自動車の名前などは典型で新車種が出る前は商標出願のラッシュになります。
公開公報を見るのも楽しいですよ。そんな名前を考えてるんだ。。。なーんてことを垣間見られるわけですからね。
基本、インターネットさえあれば誰でも閲覧検索することができます。

 

ブログ アイデアで一儲け?!

 

実は、私も2件の実用新案を自身で申請したことがあります。制度が変わっているので当時は特許と同じように申請と審査というのがありました。
基本権利は申請した時点で発明者のものになりますが、審査には費用がかかります。それをペイできる見込みがある場合に審査をするというのが一般的でした。特許は今もそのような形です。


ちなみに下記が申請した2件の発明です(笑)
実開平07-028526
実開平07-003698


私の場合は権利のビジネスが上手くはいかなかったものの、主要な会社への売り込みで、その会社の製品をお礼として大量に送ってもらいました。

みなさんもアイデアを工業所有権で守って、一攫千金を狙ってみてはどうでしょうか。。。


勘違いしているみなさんもいらっしゃるかも知れないので念のため。。。
特許や実用新案には有効期限というものがあります。なので永久的にその所有権を保持することはできません。

ブログ アイデアで一儲け?!


いい例が、よく耳にするジェネリック医薬品ですね。あれは、特許の有効期限が切れたので他社も同様のものを製造販売することができるからです。

意匠や商標は登録料を納めている限り期限はありません。