動画広告によるブランディング戦略

最近のSNSは動画広告が積極的に使われていますね。
文字や静止画よりも、印象に残りやすい特徴があるからです。
今日は、そんな動画広告によるブランディング戦略について書いてみたいと思います。

 

まず、抑えておくポイントが3つあります。

 

「理性、感動、欲求」

 

すなわち、動画基本構成はこのどれかに属している必要があります。

 

①理性
これは、「なるほど」、「へぇー」といった受け手の理性に働きかけるものです。

 

②感動
これは言わずもがな。。。
いわゆる受け手の心を揺るがすものです。

 

③欲求
これは、そのサービスや商品を欲しいと思わせるためのものです。

すなわち、この①~③を満たすように広告動画を構成します。

 

 

最近のSNSは動画広告が積極的に使われていますね。 文字や静止画よりも、印象に残りやすい特徴があるからです。 今日は、そんな動画広告によるブランディング戦略について書いてみたいと思います。  まず、抑えておくポイントが3つあります。

 

次は動画そのものの内容についてですが、気をつけるべきポイントがあります。
受け手は様々なSNS及びそれ以外のメディアを視聴しています。
その激しい受け手の奪い合いをどう制するのかは、下記の4つになります。

 

①動画のサムネイル
この理由は、端末をタップしてスクロールしている中でいかに手を止めてもらえるか。
サムネイルはクリックして動画を観てもらうための入り口になります。

 

②動画のテロップ
これが重要な意味は、スマートフォンで閲覧している人のほとんどは音声をオフにしているからです。
音がなくてもある程度動画の内容を伝えるにはテロップが重要になるからです。
もちろん、耳が聞こえない方へのアクセシビリティ向上にもつながります。

 

③最初の3秒
これは多くのみなさんも経験しているのではないでしょうか?
再生してみたものの、「あーつまらない」と直ぐにスクロールされてしまうからです。
したがって、この3秒で如何に受け手の心を掴むかが重要になるわけです。

 

④動画の再生時間
これも、上記と同様に短いサイクルで動いている現代人にとって、3分も5分もスマホで広告動画は観ません。
長くても90秒と言われています。

貴社の広告動画がこれらを満足しているか確認してみてください。もし万が一満足していなければ作り直した方が得策だと思います。残念ながら弊社では動画制作は事業としてやっていませんが、ネット検索すればたくさん見つかると思います。


ただし、先に書いたことがお取引先さまから伝えなくてもきちんと理解している会社を選んでください。

 

動画自身の画質やその他の性能は数年前と比べても格段の差があります。
手軽に撮れるコンシューマ向けのデジタル一眼レフでも4K 60fpで撮ることが可能です。また、一眼レフなのでレンズも都度カットに合わせて選択することも魅力の一つすね。

 

ブログ 動画広告によるブランディング戦略