ホーム » アスペクト比ってなに?

アスペクト比ってなに?

 | ,  | 

今日はアスペクト比について書きます。みなさんは、この言葉を知っていますか?シンプルに言えば、横縦比のことです。身近なものを例にあげると、テレビの画面やパソコンのモニター画面、写真などもそれにあたります。

 

もちろん、それ以外にもたくさんのモノがアスペクト比を持っていますが、テレビで言えばアナログ放送時代は4:3(横が4で縦が3)で、フルハイビジョン放送は16:9です。

では、写真はどうでしょうか?
デジタルカメラが登場する以前の35mmフィルムは36×24mmでアスペクト比は3:2です。

 

デジタルカメラの映像素子のアスペクト比

映像素子アスペクト比
35mmフルサイズ3:2
APS-C3:2
マイクロフォーサーズ4:3
コンデジ4:3

 
ただ、昨今のデジカメは映像素子の画素全てをイメージサークルにしないことで、カメラ側でアスペクト比を変えることを実現しています。4:3、3:2、16:9、1:1など。
では、みなさんは、どのアスペクト比に設定して撮影していますか?当然ですが、アスペクト比によって写真はかなり違った印象を受けます。

 

【4:3】

43

 

【3:2】

32

 

【16:9】

169

 

 

みなさんは、3つを見比べてどう感じられましたか?自分の好みは3:2ですね。35mm換算で24mm以下の広角レンズを使った場合は16:9では迫力が増すでしょうね。

 

もちろん、被写体によってアスペクト比を変えることもありでしょう。ただ、気をつけなくてはならないのがL判にプリントすることが多い方はアスペクト比を3:2に設定する方がいいです。それは、L判のサイズが127×89mmなので3:2が一番近いからです。

それ以外のアスペクト比で撮った写真をL判プリントした場合は上端が切れたりするのでご注意ください。

 

よくいう有名な2つの縦横比を参考として…
黄金比は、1:1618
白銀比は、1:1.414

 

つまり、3:2はこの白銀比に近いということです。さらに加えていうと、日本人は黄金比よりも白銀比の方が馴染みがあり好きだという統計もりあります。ちなみに、JIS規格の紙サイズであるA判は白銀比です。